top of page
  •   株式会社 東京総務代行

11月の賃貸物件の探し方

賃貸物件を探す際、季節によって異なるメリットや注意点があります。11月からの物件探しは、特に新しいスタートを切りたい方や年末に引越しを検討している方にとっては、絶好のタイミングです。この記事では、11月からの物件探しにおいて、抑えておきたい7つのポイントをご紹介します!




1. シーズン特有のメリットを活用


11月から12月にかけて、賃貸市場にはいくつかのシーズン特有のメリットが存在します。この期間は多くの人々が新年に向けての計画を立て、新しい住まいを探し始める時期であり、賃貸オーナーや不動産管理会社はこの需要に応えるために特別な取引やプロモーションを行うことが多いです。したがって、物件探しをする際に価格交渉の余地が増すことがあります。価格交渉に自信を持ち、最適な条件を得るために、この季節を利用しましょう。


また、12月に近づくにつれて、一部の賃貸物件では長期の入居者が引越しを検討し、空室が出ることがあります。これは新しい入居者にとって大きなチャンスです。まだお部屋探しシーズンのピークに達していないので、悩める時間もあり自分にとって理想的な物件を見つける確率が高まります。


2. 予算と希望条件の確認


新しい賃貸物件を探し始める前に、まず予算と希望条件を明確にしましょう!

予算を設定することは非常に重要です。月々の家賃だけでなく、水道光熱費、駐車場代、インターネット料金、保険料などの固定費を考え、総合的な予算を把握しましょう。また、部屋の広さ、立地、近くの施設や交通機関へのアクセス、ペット飼育が許可されるかどうか、駐車場・駐輪場の有無など、希望条件をリストアップしておきましょう。


予算と希望条件を明確にすることで、物件探しを始める際に非常に効果的です。11月はまだ悩む時間も確保できるので、これらの情報を持っておくことで、検討すべき物件を効率的に絞り込むことができます。


3. オンラインリサーチと内見


昨今の賃貸市場では、オンラインリサーチが非常に重要です!

不動産ウェブサイトやアプリを活用して、希望に合致する物件をご自身でもたくさん探してみましょう。物件を見極める目を養えば、内見に行く前に物件を絞り込みことができるので【複数の物件を内見中に一番良かったお部屋を別の人に取られてしまう】というリスクを減らすことにつながります。また、多くの物件はオンライン内見なども可能になってきているので、使えるものはたくさん活用しましょう!



物件を見学する際には、以下のポイントに特に注意を払いましょう↓


お部屋の状態: 床、壁、キッチン、バスルームなどの細かいの状態を確認し、清掃が修繕がしっかりされているかどうかを確認します。


周囲の環境: 物件の周囲の環境は快適な生活を送るうえで大切なポイントです。物件が位置するエリアの騒音レベルや近隣の状況を確認し、懸念されるポイントをチェックしておりましょう。また、近くのコンビニ、スーパーマーケット、学校、医療施設などの施設にも注目しましょう。


セキュリティと安全性: 物件のセキュリティ対策や防犯設備に注目し、安全性を確認しましょう。オートロックや鍵の形状、近隣の治安状況も重要です。


設備: 浴室乾燥機やエアコンだけではなく、駐輪場、駐車場、エレベーターなどの共有設備などを確認しましょう。


4. 交渉と契約


気に入った物件を見つけたら、家賃や契約の条件について確認しましょう。

ここで注意ポイント!家賃交渉は以前は大家さんと直接やり取りができたこともあり、一般的に行われていましたが、現在は管理会社に物件を任せている大家さんも多いため、応じてくれないケースがほとんどです。成功すれば予算内で理想的な物件を見つけることができますが、その分管理会社の印象が悪くなるリスクもあり、審査に影響することもあるので慎重に進めた方がいいポイントでもあります。交渉する際は、24時間サポートや鍵の交換費用、害虫駆除費用などを外せないか聞いてみましょう!

契約書は慎重に読み込み、不明瞭な点があれば質問しましょう。契約を結ぶ前に、すべての条件を確認し、将来のトラブルを避けるための大事な作業です。


5. 季節の変化と注意点


11月からの物件探しには、季節に応じた注意点もあります。寒い季節の物件探しでは、以下の点に注意しましょう:


エアコン(暖房): 木造の物件や寒冷地域に住む場合、十分な暖房設備があるかどうかは特に重要です。


結露と断熱: 寒い季節には窓や壁からの結露が問題になることがあります。物件内部の断熱や結露対策がしっかりと行われているか確認し、快適な生活を実現しましょう。


引越しの日程: 寒い季節に引越しを行う場合、天候による影響を考慮する必要があります。引越しの日程を慎重に計画し、天候に備えた対策を取りましょう。


契約の注意: 契約書に記載されている冷暖房設備や、寒冷地では雪かき、除雪に関する条件を確認しましょう。


6. 地域の特性を考慮


賃貸物件の場所を選ぶ際、地域の特性を考慮することも重要です。学校や職場へのアクセス、ショッピングや娯楽施設への近さ、治安など、地域が生活に与える影響を検討しましょう。特に11月に引越しを考えている場合、暗くなる時間も早いため子供の学校や通勤時間についての配慮が重要です。


7. チームを組んで物件探し


物件探しは一大イベントであり、チームを組むことは非常に有効です。友人や家族と一緒に物件を見学し、意見やアドバイスを共有することで、自分だけでは思いつかないポイントに気づくことができます。また、不動産仲介業者は部屋探しのプロです。プロ目線のアドバイスと経験は、物件探しではなくてはならない要素です。





以上、11月からの物件探しは、新しいスタートや計画に向けての素晴らしい機会です。シーズン特有のメリットを活用し、予算と希望条件を明確にし、事前のオンラインリサーチと内見を通じて自分に合った物件を見つけましょう。そして、交渉と契約段階においても慎重に対処しましょう。


季節や気候に応じた注意点を考慮し、将来の計画や安全性についても考えながら物件を選びましょう。最終的に、新しい賃貸物件で快適な生活を送るために大切なのは、慎重な計画と良好な決定です。新しい住まいを見つける冒険を楽しんでください!

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page